余った土地の活用法|小規模保育事業を始めて待機児童を減らす!

小規模保育事業を始めて待機児童を減らす!

余った土地の活用法

駐車場

「土地があるからなにかしらの経営をしたい、でも面倒なのは嫌」と悩んでいる人に最適な経営が、駐車場経営です。面積が広くない土地でもできますし、初期投資費用もリーズナブルですから比較的始めやすいでしょう。平面駐車場の場合だと初期投資費用が0円でも良いとなる場合もあります。立体駐車場だと充実した設備も準備しなければなりませんから、初期投資費用を抑えたいのなら平面駐車場がぴったりです。

土地はあるが駅から遠いからオフィス経営に向かないということはよくあります。しかし、駅から遠いということは車を利用して移動すると考えても良いため、高いニーズを見込むことができるでしょ。用途地域制限という規制もありませんから、面倒な審査なども行なう必要ありません。
駐車場経営を行なう際にまずは現地調査や市場調査を十分に行ないましょう。交通量や近隣環境の状況、競合状況など色々な調査をすることで月極め駐車場とコインパーキングどちらにするか、価格設定はどのくらいにするかなど決めることができます。そして次に業務委託業者決めなどをします。業務委託業者を利用することで精算機のメンテナンスなどをしてもらえるでしょう。しかし、その分こちら側から業務委託業者との契約料を支払わなければならないため、それを避けたいのならば自分たちで経営するのが賢明です。

駐車場経営は不動産投資や株などよりも、安定した収益を得られます。損はしたくない、毎月安定した収入が欲しいと思っている場合は駐車場経営を検討してみましょう。