小規模保育事業を始めて待機児童を減らす!

内覧会で知名度を上げる

歯科医

歯科の内覧会を行なうと歯科医院へ行ったことがない人の抵抗を減らすことが可能です。また、医院についてよく知ってもらうことができますし、患者との距離も近くなるでしょう。専門企業にサポートしてもらってください。

詳細を読む

販売業務が快適になる

PCを操作する人

店舗の売り上げを向上させたい、もっと会計処理を楽にしたいなど経営者は色々な悩みがあるでしょう。その悩みを解決するのがPOSシステムです。このシステムが1つあれば物品の管理や会計処理が楽になります。

詳細を読む

保育所の運営

女性と子供

認可保育所だと開園をするのに2~3年もの期間が必要ですが、小規模保育事業の場合は4~5ヶ月ほどで開園できるため比較的開きやすいでしょう。また、園児の数は認可保育所だと定員60名に対して小規模保育事業は6~19人と少ないです。ですから、1人1人にしっかりと目配りをしてあげられます。近年の日本は待機児童の問題を抱えていますが、小規模保育事業の数が増えるとそれが解消されて、夫婦共に働けるため日本経済も助かります。

小規模保育事業を開園するには、様々な規定があります。まず1つ目は国の基準に従って職員の配置をしなければなりません。そして入園者は自治体の基準に合わせて選考します。他にも色んな規定がありますから開園を検討している場合は調べてみてください。ちなみに運営費や改修費などの経費は補助金を受けられます。年間で3,500万円前後となっており、初期費用の支払いが難しい場合は利用してみてください。
小規模保育事業は園児が少ないですから、その分質の高い保育をしなければなりません。しかしそこまできついことではありません。1人1人の性格や発達状況などに応じて柔軟に接してあげれば良いのです。そのためにも、経営者自身保育に関する専門的な知識を取得する必要があります。フランチャイズやコンサルサービスを利用する知識を集めやすいでしょう。小規模保育事業は金融機関からの融資が難しいとされていますが、コンサルやフランチャイズに加盟すれば十分な運営資金を受け取ることが可能です。

余った土地の活用法

駐車場

土地さえあれば初期投資費用がなくても駐車場経営を行なうことができます。専門的な知識も必要ありませんし、安定した収入を得られるということで今人気の経営方法です。土地が余っている方は有効活用してみてください。

詳細を読む